広島市中区医師会学術講演会 -新規抗凝固薬と心房細動-

6月21日に行われた中区医師会学術講演会に参加しました。慶應義塾大学医学部循環器内科・香坂俊先生の「新規抗凝固薬のデータから改めて考えるリアルな心房細動のマネージメント」という少し長いタイトルで、どんな内容なのか興味津々でした。 心房細動は高齢者にしばしば見られる不整脈であり、それにより心臓に出来る血栓が血流に乗って脳に飛んでしまうと「脳塞栓」という重篤な脳卒中を引き起こしうるものです。そ…

続きを読む

胃内視鏡検査を開始しました。

本年度より広島市でも内視鏡による胃がん検診が選べるようになりました。それにあわせてこのたび当院でも内視鏡システムを導入しました。細径スコープというとても細い内視鏡なので、「オエッ」となりにくい「鼻からの挿入」に対応しています。 担当医は現在年間800件以上の胃内視鏡を行っている日本消化器内視鏡学会専門医となります。現在のところ、鎮静剤を使用しての検査(眠っている間に検査を受ける)は行ってお…

続きを読む

幟町圏域多職種連携会議「口腔機能低下症(オーラルフレイル)」

6月12日(土)、年に2回行われています多職種連携会議に出席しました。今回は歯科医師・森田薫先生による「一生口から食べるために、先ず気づこう口腔機能低下症」というレクチャーをいただきました。30分という短い時間でしたが、口腔機能の低下が何を引き起こすか、どう評価するか、どう防止していくかについての熱い講義となり、引き込まれながら聞きました。口腔機能低下症は、カタカナでは「オーラルフレイル」とも呼…

続きを読む