新型コロナウイルス感染症…その後

3月上旬にブログを更新してからはなかなか新しい記事をアップすることができませんでした。

今月は実は2度ほど人前でお話しする機会を頂いておりましたが、ご存じの通り新型コロナ感染ウイルス感染症の拡大があったためにいずれも中止となりました。緊急のテーマではないので日をあらためてしっかり取り組もうと思いますが、現在の状況はとてもそれどころではありません。

日単位で世界に、日本各地に広がっていくウイルスの猛威をニュースで見ながら、そして街や身の回りで起こる変化を感じながら、今後起こりうるであろう事態について考えながら、日々の診療を行ってきました。患者さまもこの記事を読んで下さる皆さまもさまざまな不安を抱えた日々を過ごして居られることと思います。

新型コロナウイルスの封じ込めはおろか、感染拡大を防いで「ボヤで終わらせる」ことは難しくなってきています。アメリカの感染者数が中国のそれをあっという間に上回り、SNSを通じて現場の疲弊ぶりが連日情報として入ってきます。この感染症が日本で爆発的に流行した場合にはこの国の医療体制をもってしても全く太刀打ち出来ないと予測されており、そのような事態になったときに当院でどのような診療が出来ているのかのイメージも固めることができずにいます。が、そのようなことばかり言っていても仕方なく、「できることをやる」ということしかないと考えて少しずつ対応を進めています。

手指洗浄・消毒の励行、ドアノブなどの消毒、待合室の定時換気、空気清浄機の設置、マスク着用での受付・診療対応などはすでに行っておりますが、まだまだ感染疑いの方の対応については導線確保、他の患者様からの隔離、診察時の防護、検査・診療依頼体制作りなど完全に決め切れていない部分があります。これらについても順次対応を決めていきながら、発熱された患者様の対応を行ってまいります。

現在のところ、発熱された方の対応としては下記のように推奨されています。

コメント 2020-03-28 153631.jpg


キャプチャ.JPG


かかりつけの方につきましては一旦当院にお越しいただいて診察させていただくこともあります。なかなか相談窓口にいきなり電話するのがためらわれる方も居られるかもしれませんが、迷う場合には当院にお電話下さい。新型コロナウイルス感染症の可能性を考えたときには当院と相談窓口で話し合うこともあり得ます。また、診察の際は別室での対応や防護状態での診察を行うことがあります(ちなみに当院では新型コロナウイルス感染症のPCR検査は受け付けておりません)。このような状況ですのでご理解いただければと思います。

また、新型コロナウイルス感染症を防ぎ、かかっても軽症で済むよう、しっかりと対策を実行しましょう。

・正しい手洗いを頻回に行う
・入浴:ウイルスの洗い流し、体温を上げて免疫力アップ
・運動:自宅でもできる筋トレや日光を浴びながらの散歩など
・3つの「密」を避ける:密閉空間、人が密集する場所、密接な接触、
・自身の髪や顔をむやみに触らない。→その意味ではマスクは有効かもしれません。
・十分な栄養:特にタンパク質
・サプリメントの併用:ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、マグネシウム
・十分な睡眠
・過労やストレスを避ける
・テレビのワイドショーばかり見ていると不安が増大してストレスになるので避ける
・自身が感染者であるかも知れないという振る舞い

新型コロナウイルスとの戦いは長期戦になりそうな様相ですが、一日も早い収束を祈ります。

この記事へのコメント